30代たるみ毛穴スキンケア

MENU

30代「たるみ毛穴」に使いたい化粧水

たるみ毛穴に使いたい化粧水

 

たるみ毛穴の改善をするためには化粧水を上手に活用することが大切になります。同時に今まで化粧水だけで保湿までカバーをしてきた人は即刻中止をするようにしてください。

 

実は化粧水だけでは保湿をすることができません。これは化粧水に含まれる成分のほとんどが水といった作りになっているので逆に肌を乾燥させてしまう原因となります。

 

ここではたるみ毛穴改善のための化粧水の正しい使い方や役割を解説していきます。

 

そして「たるみ毛穴」に使いたい化粧水としては2種類を挙げることができます。

 

一つ目は収れん作用と呼ばれる毛穴を引き締めたり、皮脂の抑制を抑える成分を含んださっぱり化粧水。

 

2つ目は万能美容成分であるビタミンCを含んだ化粧水です。エイジングケアも目的として使うのであれば後者のビタミンC誘導体を配合した化粧水を使うのがベストになると思います。

 

このビタミンC誘導体は美容専門家、皮膚科医なども推奨するスーパー美容成分であり、あらゆる肌トラブルに対して働きかけてくれます。

化粧水の本当の役割

 

化粧水の役割は肌に水分を与える。美容成分を肌に浸透させる。

 

この2点に尽きます。

 

あくまで肌に水分を与えるだけで保湿の役割はありません。また化粧水で肌を湿らせることで次に使う保湿美容液、乳液などに配合されている美容成分の浸透を手助けするといった効果も発揮してくれます。

 

実は多くの販売されている化粧水の多くは水でできています。そしてわずかな美容成分を含んでいるのです。つまり安価な化粧水でのケアというのはあまり意味がありません。

 

水を肌につけているのとあまり変わりがないのです。

 

美容専門家の中では化粧水はつけても、つけなくも同じといった発言をする方もいます。ですが、やはり美容液、乳液の美容成分の浸透、肌に潤いを与えてくれるので私は使った方がたるみ毛穴に対しては効果が良いと感じていますね。

 

化粧水の多くは水溶性で作られています。水溶性は浸透率は良いですが、蒸発が早く肌の内部ではほとんど残りません。そして美容液、乳液等の保湿に使われる化粧品というのは油溶性で作られています。油溶性は肌に残りジワジワと浸透していきます。

 

つまり化粧水は保湿向けではなく、一時的な肌の潤いを促すためのもの。化粧水だけでは到底、たるみ毛穴の原因でもある肌の乾燥をなくして潤いに満ちた肌を作りあげることは難しいのです。

化粧水の使い方

 

化粧水をコットンに含ませて擦る人がいますが、あれはNGです。コットンで肌をこするだけで実は刺激が強くダメージを与えています。

 

コットンに含ませて化粧水を使うのあれば優しくパッティングするように使ってください。

 

理想的な使い方は500円玉くらいを手のひらにだして直接、顔につけてあげること。この時もこするのではなく優しく肌全体になじませるだけでOK。

 

化粧水というのはこの程度で充分なのです。

 

間違ってもバシャバシャつけて、「はい。保湿も終わり〜」といった具合にならないことです。

 

この化粧水で与えた水分、美容成分を閉じ込めてはじめて保湿ケアになります。

 

保湿成分の重要性についてはこちらをチェック