30代たるみ毛穴スキンケア

MENU

たるみ毛穴を改善させる本当のスキンケアこそ【保湿】

 

毛穴がたるむということはその周りにある皮膚もたるんでいます。

 

皮膚がたるむ原因は角層の深くにある真皮層と呼ばれる部分に存在する、肌の弾力を維持するセラミド、コラーゲン、エラスチンといった細胞が減少しているからです。

 

これは年齢を重ねるほどに体内での生成量が減少されるため、どんな女性でも例外なく訪れるもの。

 

肌がたるむことによって毛穴は重量に引っ張られます。

 

これがたるみ毛穴を作る最大の原因でもあるのです。
これを改善することが毛穴をキレイにして、肌もふっくらした状態へと導いてくれます。

 

そして、この真皮にある弾力細胞を産生したり、保持するのが保湿ケアの役割でもあります。また肌の乾燥を招くのもこの真皮にある弾力細胞が減少しているためでもあるのです。

保湿成分の最強はセラミド

 

化粧水にセラミドが配合されているケースもありますが、水溶性の化粧水ではすぐに水分も美容成分も蒸発します。

 

できるだけ美容液、乳液等にセラミドが配合されているものを使うのがベストになります。

 

そしてこのセラミドですが、皮膚科学的にみても最強の水分を閉じ込める保湿成分として数々の美容専門家も推奨しているもの。

 

たるみ毛穴の改善に即効性を求めるのであればセラミド保湿を心がけることが重要となります。

 

もう一度、たるみ毛穴改善のステップを参照してみましょう。

 

洗顔

化粧水

保湿ケア

 

この順番でスキンケアを行うことが大切。

 

洗顔では毛穴汚れを取り除いて化粧水、保湿ケアの成分を浸透させやすい状態に肌を仕上げます。

 

そして化粧水では肌の引き締め、水分補給、美容成分の浸透をメインに使います。

 

最後に保湿成分を配合した美容液、乳液等を活用して化粧水で与えた水分や美容成分をしっかりと肌の内部に閉じ込めてあげます。

 

また化粧品の中には本来の体内で生成されるセラミド、コラーゲンを手助けしてくれる化粧品もあります。

 

この保湿ケアまでしっかりと行い、はじめて「たるみ毛穴」改善への舵をきることができるのです。

真皮にあるセラミドを産み出す美容成分

ライスパワー配合の米肌

 

セラミド細胞を産み出すとされて厚生労働省の認可を受けた美容成分があります。

 

それが「ライスパワー11」

 

肌を内部から持ち上げてしっかりと保湿します。さらにセラミド産生を助けるので肌はふっくら。

 

化粧品にセラミドを配合したものは多数ありますが、産み出すものは限られています。

 

30代、お肌の曲がり角。乾燥や違和感を感じてきた場合にはこの保湿成分にも目を向けてあげるようにしましょう。化粧水にコストをかける必要がありませんが、美容液、乳液といった肌の保湿を保持する化粧品にはコストをかえるべきです。

 

この30代のスキンケア次第で40代、50代のお肌状態が決められてくるといっても過言ではありません。

 

このセラミドを産み出す成分を含んだ化粧品が「米肌」です。

 

全商品にライスパワー11を徹底配合。体内から肌を潤わして「ふっくら」させることができる最強のたるみ毛穴用化粧品でもあります。